腸脛靭帯炎

WINGSPRINT

〒180-0013 東京都武蔵野市西久保2-5-7第二橘荘1A

営業時間:24時間対応(事務所対応時間 9:00~21:00)

ブログ

腸脛靭帯炎

ブログ

2020/01/27 腸脛靭帯炎

マラソンを始めると、走る頻度にもよりますが、必ずと言っていいほど以下の症状が現れます。

多くのランナーが悩む症状は膝の外側の痛みです。これは、腸脛靭帯炎と呼ばれています。

腸脛靭帯炎の主な原因は、過剰なランニング時間と距離による使い過ぎとなります。走っている際、膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで腸脛靭帯と呼ばれる靭帯と、膝の骨が擦れて炎症し痛みが発生します。

それだけではなく、走り始めたばかりのランナーに関しては、ウォームアップ不足、クールダウン不足、休養不足、基礎の姿勢を無視した走り込み等も原因となります。

 

腸脛靭帯炎の初期症状として、走っている最中や走った後に痛みが発生しますが、しばらく休むと痛みが一時的に消失します。しかし、そのまま走るのを続けていると、次第に痛みが増し、走ることができなくなります。ひどくなると、階段はまともに降りることができなくなります。

痛みを我慢して走り続けた場合、片方の足を痛めた後に、しばらく走ると反対側の足も痛くなります。その痛みは、完全に走行不能となるほどです。

 

対処法としては、ランニングの休止期間を経て、水中で歩く、水泳、ウォーキング等の軽い運動から始め、少しずつ短い距離のジョギングへ移行します。腸脛靭帯炎は、痛みが消えたと思っても無理に動けば再発します。軽い運動でリハビリをした後も、アイシングを必ず行ってください。軽い運動でも、急な坂道(特に下り坂)やアスファルトなどの硬い路面は避けたほうが良いです。

 

腸脛靭帯炎になり、アイシングやストレッチなどでケアをしている方もいると思いますが、日常のトレーニングで見落としがちなこともあるので紹介します。リハビリで歩く、軽く走る等を行う際の注意点は、舗装された道路は雨水の排水を考えているので、外側が低くなっています。その為、低くなっている側の膝を痛めやすくなります。道路だけではなく、トラックで頻繁に練習をしているランナーの皆様も注意が必要です。トラックは基本的に左回りなのと、400mのうち200mはカーブです。カーブを走る際、軸足となる左足に負担が集中する為、可能であれば、ウォームアップやクールダウンのジョギングは外周等を逆回りで走ると良いと思います。

 

腸脛靭帯炎について簡単にまとめてきましたが、膝が痛いからといって足のケアだけを行っても根本の解決にはなりません。普段から走っている環境、日常での姿勢、シューズが合っているか等気を付けなければいけない部分はたくさんあります。痛みが中々消えずに満足に走れないという方はご相談ください。

 

次回の記事は東京マラソン完走対策です。WINGSPRINTのインスタグラムに少しずつアップした記事をこちらにまとめてアップします。

 

images

 

WINGSPRINT
住所:〒180-0013東京都武蔵野市西久保2-5-7第二橘荘1A
Email :info@wingsprint.net
営業時間:24時間対応(事務所対応時間 9:00~21:00)
定休日:年中無休

TOP